1750円 カムプログラムロボット工作セット【70227】 楽しい工作 タミヤ ホビー プラモデル・模型 その他 楽しい工作,カムプログラムロボット工作セット【70227】,ホビー , プラモデル・模型 , その他,nwing.co.jp,/maculicolous363124.html,1750円,タミヤ カムプログラムロボット工作セット 期間限定特別価格 70227 楽しい工作 タミヤ カムプログラムロボット工作セット 期間限定特別価格 70227 楽しい工作 タミヤ 1750円 カムプログラムロボット工作セット【70227】 楽しい工作 タミヤ ホビー プラモデル・模型 その他 楽しい工作,カムプログラムロボット工作セット【70227】,ホビー , プラモデル・模型 , その他,nwing.co.jp,/maculicolous363124.html,1750円,タミヤ

カムプログラムロボット工作セット ランキング総合1位 期間限定特別価格 70227 楽しい工作 タミヤ

カムプログラムロボット工作セット【70227】 楽しい工作 タミヤ

1750円

カムプログラムロボット工作セット【70227】 楽しい工作 タミヤ






【返品種別B】
「返品種別」について詳しく
2017年08月 発売


※画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合がございます。



【商品紹介】
タミヤ 楽しい工作シリーズ No.227 カムプログラムロボット工作セットです。

自由にセットできるカムを使って動きをプログラムできるロボット工作です。
モーターを2個搭載して三角形のクローラーで進み、左右の腕も動きます。
カムを差し込んだプログラムバーをロボットの中央にセット。
内部のギヤでバーを移動させてカムの配列を機械的に読み取り、車体下のステアリングレッグを押し下げて、クローラーを浮かせることで動きを変化させます。

【 カムを使って動きをプログラムしよう!  】
自由にセットできるカムを使って動きをプログラムできるロボット工作の組み立てキットです。
モーターを2個搭載した動力用ギヤボックスを本体の下にセットして、三角形のクローラー(履帯)で進み、左右の腕も動きます。
カムを差し込んだプログラムバーをロボットの中央にセット。
プログラムバーギヤケースでバーを移動させてカムの配列を機械的に読み取り、車体下のステアリングレッグを押し下げて、クローラーを浮かせることで動きを変えます。
プログラムバーは1本で約35秒の制御ができ、つなぎ合わせて制御時間を伸ばすことも可能です。
必要な部品はすべてセットされ、ネジ止めとはめ込みだけで完成します。

【 基本の動きは2タイプ 】
動きの仕組みは、カムが本体の下に取り付けられたステアリングレッグを押し下げて、クローラーを浮かせて動きを変えます。
基本的な動きのパターンは2種類。Aタイプは、カムがないと前進し、片側にカムがあると旋回(左にカムがあると左に曲がります)、両側にカムがあると停止します。
Bタイプはカムがないとその場で左に回り、片側にカムがあると前進・後進(左にカムがあると前進、右にカムがあると後進)、両側にカムがあると停止します。
パターンの切り換えはモーターの配線変更とステアリングレッグのブーツ部品の有り無し。
また、3種類のカムを用意して、レッグを押し下げる時間を変えられます。
さらに、ユニバーサルプレートを取り付けてギヤボックスなどを追加でき、市販のマイコンボードや基板を搭載して動きをコントロールすることも可能です。

  • 3種類のカムをプログラムバーに自由に配置して、ロボットの動きをコントロールします。
  • プログラムバーはロボットの中央にセット。機械的にカムを読み取り、ステアリングレッグを動かします。
  • 全長約136mm。
  • 基本の動きは2タイプ。
  • バー1本で約35秒の制御が可能。
  • 必要な部品はすべてセットされ、ネジ止めとはめ込みだけで完成します。
  • 単3形電池1本(別売)使用



  • 【商品仕様】
  • 組立キット





  • (※この説明文は市場店の記載内容です。URLはhttps://item.rakuten.co.jp/jism/で始まります。URLが異なる際はサイトを利用することのないよう十分ご注意ください。)

    カムプログラムロボット工作セット【70227】 楽しい工作 タミヤ

    ☆送料無料☆(北海道・沖縄以外) 日清食品 ウマーメシ シビうま坦坦 103g×6個×2セット | アクセス | お問い合わせ
  • 閉じる
    • 中高生対象! 特別講演会を開催

      11月3日(水・祝)に,中高生を対象とした名古屋市立大学と名古屋市科学館のサイエンスパートナーシップイベント(講演会)を開催します。大学の理系教員と科学館の学芸員が「生命科学」の魅力をお伝えします。